絵本塾出版 Ehonjuku Publishing Company Web Site

     

What's New?

木版画絵本作家 手島圭三郎さんのドキュメンタリー番組がNHKで放送(北海道のみ)
『とんでいった ふうせんは』が第2回親子で読んでほしい絵本大賞で第2位に!
『とんでいった ふうせんは』が第11回ようちえん絵本大賞を受賞!

  •   Twitter   facebook   instagram  

News & Topics

6月の新刊

ふうちゃんと ミーの ぼうけんの うた
      じんないあきこ/作
ふうちゃんと

おしゃべりが苦手で、ひっこみがちな ふうちゃん。 なのに、木馬のミーの背中にのると、大きな声でうたいます。 そんなふうちゃんを、離れて暮らしていたお母さんが迎えにくることに。 すごく嬉しいのに、でも、ミーと離れたくないふうちゃん。 そんなある晩のこと、うたのチカラで、森への冒険が始まる! やわらかく こころにしみいるファンタジー絵本。
対象年齢:小学校低学年~
本体価格:1,400円

 

5月の新刊

絵図解 やさい応援団 まるごときゅうり
     八田尚子/文 野村まり子/絵 大竹道茂/監修
きゅうり

好評シリーズ やさい応援団の第11弾!
きゅうりは、日本では、サラダやカッパ巻きなどに使われる野菜ですが、世界では、水の代わりに持ち歩いて、まるごとかじったり、ジュースにして飲まれています。
世界に存在する大小様々なきゅうりや、きゅうりにまつわる不思議な話など、きゅうりの魅力をまるごと一冊に詰め込みました。
対象年齢:小学校中学年~
本体価格 1,600円

 

4月の新刊

きたきつねとはるのいのち
      手島圭三郎/絵・文
はるのいのち

3月になっても深い雪に覆われている北海道で、きたきつねは、生まれた子供のために餌を探しに行きます。 北海道の大自然には、たくさんの動物が生息していますが、冬は動物にとって厳しい季節です。親から離れた子供が、餌をとれなかったり、年老いた動物が死ぬのは、冬が多いのです。 やがて厳しい冬が終わると、暖かい春の日差しに包まれて、きたきつねは生きる幸せを感じます。
対象年齢:小学校中学年~
本体価格:1,700円

 

▲TOP